「3DSの流れはこうだ!」:虫歯菌除去

1.初診:3DSについての詳細な説明と実態診査をおこないます。

2.検査
唾液検査を実施し、唾液の中の虫歯菌の量などを調べます。
これによって、3DS(虫歯菌の除菌)が必要かどうかを判断するのです。※1

※1 3DSを行なうことで、

・虫歯菌の菌数
・口の中の細菌に占める虫歯菌の割合
・唾液の量
・歯垢の量
・唾液のph

などがわかります。
この結果、虫歯菌の数が少ない等の現状が明白になり、母子感染のリスクが低い方には3DSを行なわないこともあります。

3.ドラッグ・リテーナーの作製
3DSを実施するための器具のひとつであるトレー(ドラッグリテーナー)を作製します。

4.歯の清掃、虫歯菌の除菌
日常の歯みがきでは取り切れない歯石や汚れを専用の器具を用いて、徹底的に除去、清掃を行ないます(クリーニング、PMTC)。

歯科医院での処置後、各家庭でもドラッグリテーナーを実施することにより、虫歯菌の除菌をおこないます。

※3DSの効果は、処置後正しい歯みがきを続けてさえいれば、6ヶ月間程度持続します。

3DSを行なう望ましい時期ですが、これは母子感染を防ぐ意味で、お母さんからお子さんへ虫歯菌が感染することの多い、生後19ヶ月から31ヶ月の時期に1~数回おこなうことを強く勧めます。

3DSの注意事項

外からの再感染を防ぐためにも、3DS実施後は歯ブラシを新しいものに替えます。

3DS実施後はしばらく糖分の摂取を控えてください。
こうすることで、虫歯菌の再定着を防ぐのに効果があります。

虫歯菌を増やさないためにも、3~6ヶ月に1回は歯石の除去やクリーニング(PMTC)を行う事をお勧めします。お手頃なホワイトニングに何度も行って効果がほとんどなかったという悲しい事の無いように、はじめから一度で効果のある東京で人気のホワイトニング専門歯科ホワイトマイスターをお勧めします。

これは顎を動かすと同時に顎の関節にカクカクという異音が生じるもので、症状ではもっとも多く起こっており、なかでも第一段階で多く現れている顎関節症の特徴です。
基本的な義歯の問題点をインプラント設置の入れ歯が補完します。ぺったりと密着し、お手入れのシンプルな磁力を利用したモデルも売られています。
歯垢というものについて一体あなたはどれくらい理解しているでしょうか?テレビやCMでも何度も放送される言葉なので、今まで聞いたことがない、などと言うことはほぼないかと感じています。
嫌な口のニオイが気になって、ガムやマウスウォッシュなどをよく使用しているのだとすれば、歯垢を取り去るケアを真っ先に試してください。あの気になる口の匂いがマシになってくるはずです。
在宅医療において歯科衛生士が欠かせないのは、まず始めに患者さんの口の中を清潔にすることです。患者の口のなかが汚れたままだと、細菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み込んでしまうかもしれません。


寝ている間は唾液を出す量が極めて量が少ないので歯を再び石灰化する作用が進まず、phが不安定な口の中の中性の状況を確保することが難しくなります。
どのような仕事内容の労働者においても該当しますが、歯科医院に勤務する歯科衛生士のような医療の業界に所属する人はことさら格好に注意を払わなくてはいけないのです。
虫歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯がずい分激化していると思われ、ずきずきとした痛さも連続しますが、そうではないケースは短期間の病状で収束するでしょう。
もしも歯冠継続歯の根元の部分が折れたら(歯根破折・シコンハセツ)非常に悔しいことに二度と使用できません。その大部分の症例の場合、抜歯の処置をする事になってしまうのです。
口臭を気にして、ガムやマウスウォッシュなどをよく使用しているのだとすれば、歯垢を取り除く対策を取り急ぎ行ってみましょう。あの不快な口の中のニオイがマシになってくるはずです。


活用範囲がことさら大きい歯科で使うレーザーは、種類も多くて、他にも色々な治療の現場に活かされています。この先は更なる期待がかけられています。
歯の表面のエナメル質に貼りついた歯石や歯垢を取り去ることを歯科ではクリーニングと言いますが、さきほど述べた歯石と歯垢などは不快な虫歯の遠因といわれています。
キシリトールの成分には虫歯を防止する作用があるとの研究結果が公表され、それ以降は日本をはじめとする世界のいろんな国で非常に精力的に研究がなされてきました。
歯のメンテは、美容歯科に関する施術が完了し想像した通りの施術後にはなったとしても、なまけることなく持続させなければ治療を始める前の状態に逆戻りしてしまいます。
歯のレーザー照射は虫歯を起こす菌をレーザーの力で消滅させてしまい、他にも歯の外側の硬度を引き上げ、嫌な虫歯になりにくい歯にする事ができるようになります。

職種に関係なく全ての社会人においても該当する事ですが歯科衛生士のような医療の業界に身を置いている人は、かなり身嗜みに気を配らなければならないでしょう。
仮歯が入ると、見た目がいい感じで、会話や食事においても戸惑いません。その上仮歯がある事で、治療を受けている歯が被害を受けたり、歯列が動いてしまったりする事がないと言えます。
乳歯は永久歯と違って、歯のエナメル質や象牙質などの厚さがおよそ半分程度しかないのです。一層再石灰化の機能も強くないので、むし歯の菌にすぐに溶かされてしまうとのことです。
審美歯科が行う医療では、「心配事はいかなるものか」「どういう笑みを手に入れたいか」を充分に対話をすることを基本に開始されます。
つぎ歯が変色を起こす主因として推測される事は、差し歯の色そのものが色あせる、歯冠継続歯の周囲の歯が褪色してしまったの2つの項目があるのです。

在宅での医療で歯科衛生士が期待されているのは、まず先に患者の口内を清掃して清潔にすることです。患者の口の中が不潔だと、細菌が増殖したカスそのものを飲み下すことになりかねません。
PMTCの利用で、一般的なハブラシによる歯磨きで落ち切れない色素沈着の汚れや、歯石と一緒ではない要らない物、ヤニなどを完全に取ります。
インプラント治療による有難い長所は、入れ歯の問題を完全に払拭してしまうことや、元々持っていた歯と同じような状態に出来てしまうことや、残りの歯を防衛することなどが言われます。
デンタルクリーニングは、歯周病の原因となる菌の活動を食い止める最適な処置であると、科学的な証明がなされており、ただ感覚的に心地よいだけではないのです。
歯列矯正の治療をすることで姿容の引け目から、心を煩わせている人も陽気さと誇りをよみがえらせることがかなうので、心と体の両面で清々しさを手に入れられます。

なくした歯を補う義歯の切り離しが可能だということは、年月を経るにつれて変化を見せる歯や顎関節のシチェーションに対応して、手直しがやれるということです。
無針注射器シリジェットと各種デンタルレーザー治療器を両方用いて処置することで、口内炎からむし歯まで、苦痛を伴う痛みを滅多に感じさせない施術する事ができるとされています。
例え成人になったとしても永久歯はむし歯になりますが、構造上乳歯は、永久歯と比較すると酸への耐性が脆弱なため、毎日の歯磨きを適当にすると、乳歯に巣食ったむし歯はすぐに大きくなってしまいます。
寝ている間は分泌する唾液の量が非常に少量のため、歯を再び石灰化する作用が起こらず、phが不安定な口中の中性状態を確保することができないといわれています。
本来の唾の役割は、口の中の洗浄と細菌の増殖を妨げることです。しかしながら、これだけではないといわれています。歯を再び石灰化に導くには唾液を使うので、分泌量は重大なことです。