ついに歯の再生に成功!?

世界初、人間の歯根膜を使用して『人間の対外で歯を再生する』という事に日本歯科大学内で構成された研究チームが成功したという報道がありました。

これを簡単に説明すると『人間の歯根膜の細胞を培養して作ったシート状のものをマウスの歯冠の部分を包んで培養液に入れたところ、約一ヶ月で歯根と歯根膜なども形成され、ほぼ完全に再生された』ということになります。
さらに、この再生された歯をマウスに移植したところ、移植自体も、機能も問題なかったようです。

この技術は現在進化を続けているインプラントに代わる治療になるかもしれないと大いに期待されるようです。実用化はまだまだ先でしょうね・・・

歯根膜はインプラントにはありません。
これは結構重要で、歯根膜によって人は噛み締め感があるわけです。
それがないと感覚的に噛み過ぎで歯冠にあたる上部構造が壊れてしまうことがあるようです。
もし歯根膜も回復するとなると・・・これは大変な成果かもしれないですね。

「パーフェクトぺリオって本当に効果があるの?」

■パーフェクトぺリオは何なのか

2005年に栃木県にある野口歯科医学研究所が開発した口腔機能水『パーフェクトペリオ』は、口腔内の 虫歯の原因菌(ミュータンス菌や歯周病菌)を、たった10秒間うがいするだけで、ほぼ完全に殺菌することが出来ると言われる主成分を『次亜塩素酸電解水』とした水のことです。

あるパーフェクトぺリオのサイトには『通常の歯磨き後、毎日、約15mlの量で10秒間うがいをするだけで、軽度な歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎の方なら、ホームケアのみでも、効果が期待できる』とありました。『治ります』と謳えないのは薬事法を考えたからでしょう。

歯科医院で行うパーフェクトペリオによる治療では、高濃度のパーフェクトペリオを使用して口腔内の歯周病菌を完全に溶菌するので、軽度の方:1回、中等度の方:2回、重度の方:ほぼ3回で、治療が終わると書いてあります。
しかし専用機械やその他専用のものが必要なので、経費的な問題で治療費は高額になってしまいます。

パーフェクトペリオは、体への影響がほとんど無いと言われています。
しかし長期的な研究結果には至っていないため、完全に安全とは言い切れないようです。
使用に際してパーフェクトペリオを使用している歯科医師が、必要な倫理的事項に対して、どのように対処されているのか詳細が不明ですし、薬事法未認可の為、現在はパーフェクトぺリオを精製する機械は販売中止しているようです(2011.1.29現在)

ここで注意していただきたいのが『殺菌すること=虫歯・歯周病に効果がある』ではないということです。これは某歯科情報サイトの運営者さんが書いていました。

■虫歯・歯周病以外に効果があるか

歯周病菌(口臭の原因)も殺菌できることから、口臭治療にも効果的だと言われています。
これだけでなく第58回日本ウイルス学会でパーフェクトペリオは新型インフルエンザウイルスを10秒間で99.9%殺菌することが可能だということが研究発表されたようです。

今後どのような使用方法が見つかるのか楽しみです。

まだまだ安全性に関して、パーフェクトペリオというのは、実験が足りないようです。
薬事法の認可がおりるまで、安心して使用出来ないかなと考えます。
しかも高額な治療費ですから、一般に普及するのは、すくなくとも数年後になるでしょう。


口の開閉によって起こる筋肉の緊張を解きほぐし、曲がってしまった顎関節内部を正常にするトレーニングを実践したり、顎関節が動くのを改良する有効なトレーニングを実践します。
キシリトールの成分にはムシ歯を食い止める役目があるといわれた研究の結果が公開され、その後からは日本は元より世界中の色んな国々で非常に熱心に研究がなされました。
恥ずかしい話ですが日本は予防においては後進国と言われ、欧米人に比べたら実際は日本人の歯の寿命は短くなっていく一方です。初めから歯に限らず病気予防全般に取り組む思想が違うのだと思われます。
歯の外側にひっついた歯石や歯垢を除去するのを一般的にクリーニングと呼びますが、先ほどの歯石と歯垢等は虫歯を引き起こすきっかけとなるそうです。
大人と一緒で、子どもがなる口角炎にも色々な素因が存在します。殊に多いものは食べ物のの好き嫌いと細菌の作用によるものに大別できます。


最近ではたくさんの人に認識されることになったキシリトールがウリのガムの効果による虫歯の予防も、こういった研究の結果から、作られたものと公表できます。
通常の唾液の働きは、口腔内の清掃と菌を防ぐことです。ですが、それだけではないとされています。再び歯を石灰化するためには唾液を使うので、分泌される量というのは肝要なところです。
患者が権利を有する情報の公表と、患者の示した方針を重く見れば、それ相応の仕事が医者の立場へ向けて今まで以上に望まれるのです。
歯の表層のエナメル質に付いた歯石や歯垢などを取り除くのをクリーニングと言いますが、先ほど述べた歯石と歯垢等は実は虫歯の理由となるようです。
これは顎を上下左右に動かすと左右にある関節にカクカクと異音が起こるもので、顎関節症の特徴としては極めて頻繁に出現し、著しく初めの頃に多く起こっている顎関節症の状態です。


美しく清らかな歯列になりたい人は、そつなく美容歯科を活用してはいかがでしょうか。腕の確かな美容歯科では総合的な施術を約束してくれるでしょう。
本当なら医師の数が多いのであればきっちりと患者さんの診察をしてくれそうですが、思いのほかそういう歯科医院は流れ作業として患者の治療を実施する医院が存在すると聞いています。
セラミックの施術と一口にいえど、いろいろな材料や種類等が用意されているため、歯科医師とよく相談して、自分の歯に合った治療術を吟味するのがよいでしょう。
カリソルブは、簡単に言えば「科学技術で虫歯の病巣だけを集中して溶かすお薬」です。その時、問題のない領域の歯には全然害のない便利な薬です。
口の臭気をそのままにしておくと、周囲への迷惑は当然ですが、自らの精神的な健康にも重大な重荷になる可能性があるのです。

永久歯に比べると乳歯は、歯の象牙質やエナメル質の厚みが半分ほどしかありません。とくに歯を再び石灰化する機能も強くないため、むし歯の細菌にあっという間に溶かされてしまうようです。
義歯や部分義歯に対しての後ろ向きな心象や良くない先入観は、自らの歯を使った感じと対比させるがために、増大していくのだと推量されます。
歯の持つ色とはもとからまっしろではないことが多くて、人によっては差はありますが、ほとんど人が持つ歯の色は、黄色味が強かったり茶色の系統に着色しているようです。
規則的な日常生活になるよう心を砕き、唾液に因った修復作業をもっと助長するという主眼点をよく考え、大切な虫歯予防という点を考察する事が好ましいのです。
口の中が乾くドライマウスというのは、ストレスがきっかけでなってしまう場合も多いので、今後の社会には、働き盛りの年代の男性にも発症する可能性は十分あります。

歯のクリーニングを受けるのは、歯周病の菌の蔓延を防止する優秀な手段だと、科学的な証明がなされており、単に爽快なだけではないそうです。
大切なのは虫歯を誘引する虫歯菌や歯周病菌を幼い子どもに寄せ付けないためにも、結婚・出産を間近にした女性はムシ歯の治癒は、余すところなくやり遂げておくのがベストだといえます。
上顎と下顎の噛み合わせの障害は、辛い顎関節症の引き金の一部ではあるとされるものの、それとは異なる病根が確かにあるはずだと認識されるように変わってきたそうです。
プラークが蓄積しないように、日々歯石の対策をしっかりとおこなうのが、とても重要なポイントになります。歯垢の付きやすい場所は、隅々まで磨き上げることが特に肝心になってきます。
口の中の具合はもとより、体全体の具合も交えて、信頼できる歯科医師と心行くまでお話の上で、インプラントの治療をおこなうようにしましょう。

ビオラ社のエムドゲイン治療剤を歯周外科で処置する際に患部に塗れば、歯が初めて生えてきた時の様態とそっくりな、強堅にへばり付く歯周再生を活性化することが可能になります。
キシリトールはムシ歯を封じ込める機能があるとの研究結果が公開され、それから、日本や世界のいろんな国で非常に活発に研究への取り組みが行われました。
カリソルブという医薬品は、要するに「現代科学の技術で虫歯の患部のみを溶かしてしまうお薬」です。その処置をしても、むし歯に冒されていない領域の歯には全然害のない安全な治療薬です。
普通は歯科医の数が多いのであれば、じっくり患者を診察してくれそうなイメージがありますが、ともすればそういう歯科医院は流れ作業のように、患者の治療を行う場所があるようです。
歯のレーザー照射は、虫歯菌をレーザーを当てることにより消し去ってしまい、それ以外にも歯の外側の硬度を補強させ、不愉快なむし歯になる可能性を低くする事が難しいことではなくなります。