カリソルブの治療手順

カリソルブによる虫歯治療の前に
カリソルブが特に有効とされるのはC2(象牙質まで達した虫歯)までの虫歯です。

奥歯(臼歯)の咬合面のみぞ(小窩裂溝)にできた虫歯など薬剤を直接塗ることが困難な場合は歯を少し削ることがあります。
これは薬剤の有効性を高めるために行う処置です。

カリソルブはほとんどの場合、麻酔を使わずに治療することができます。

薬剤(カリソルブ)を準備します。
薬剤が虫歯に有効に作用するようよく混ぜ合わせます。
薬剤の塗布は専用器具を用います。

薬剤(カリソルブ)の塗布
虫歯に侵された箇所に薬剤をたっぷりと塗り、虫歯への化学的作用を待ちます(30秒以上)。

虫歯の除去
薬剤の作用で柔らかくなった虫歯をていねいに除去します。
この時、歯が乾燥しないように十分注意します。

虫歯除去の確認
塗布した薬剤が虫歯に作用しなくなるまで3~4回の処置を繰り返します。
(薬剤が濁らなくなります)
目視だけに頼らず、虫歯検知液などで虫歯が完全に除去できたか確認します。


充填処置
状況に応じて充填処置(詰め物など)をします。

カリソルブによる虫歯治療Q&A

Q1 カリソルブって何?
A1 歯の象牙質の虫歯のみを溶かして取り除くシステムです。成分は次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸などで、その薬剤を虫歯に塗り、軟らかくなった虫歯を専用器具ででいねいに除去します。健康な部分はアミノ酸により保護されます。
Q2 カリソルブ(薬剤)の安全性は?
A2 厚生労働省の承認も受けており、もちろん歯科用材料として安全性は確認されています。
Q3 カリソルブの治療で麻酔をおこないますか?
A3 痛みは虫歯が神経を刺激しているために起こります。この場合は麻酔が必要になる場合があります。しかし、カリソルブによる治療の痛みはほとんどありません。
Q4 カリソルブによる治療で歯を削るドリルを使いますか?
A4 比較的軽い虫歯であればドリルを使うことはほとんどありません。歯間などそのままでは薬剤を塗ることができない部分にはドリルを使うことがあります。これは、カリソルブが歯の表面のエナメル質には作用しないためです。
Q5 どのくらいの虫歯まで有効ですか?
A5 基本的に浅い虫歯、特に象牙質が侵された程度の虫歯(C2くらいまで)に有効です。虫歯の進行も参考にご覧下さい。
Q6 カリソルブの治療時間は?
A6 カリソルブの治療は、薬を塗って虫歯を溶かし、それを取り除くという作業を数回繰り返します。そのため、従来のドリルで一気に削るという方法と比べると治療時間は長くなります。カリソルブの最大のメリットは健康な部分に損傷を与えないということです。
Q7 カリソルブの治療は保険が利きますか?
A7 現在のところ保険適用外です。保険適用になれば良いのですが、削る治療に比べ時間がかかることもあり、将来的な見通しも難しいかもしれません。

最近になって歯周病の素因を排除する事や、大元となる菌に汚染されたゾーンを掃除することによって、新しい組織の生まれ変わりが促されるような治し方が実用化されました。
上の親知らずは下と比較して麻酔の効き目が高いため歯を抜く時も激痛を伴うという例が少なく、痛さに敏感な方だとしても、手術は比較的容易に完遂できます。
美しく麗しい歯並びにしたい人は、要領良く美容歯科を得意とする歯科を利用するのがおすすめです。優れた美容歯科では総合的な観点からの治療を提言してくれるはずです。
審美歯科での治療は見た目の美しさのみではなく、噛み合わせや歯並びの修築を行い、その結果、もともと歯が持っている機能美を復することを探る治療方法なのです。
口の開閉によって起こる筋肉の緊張を取り、ひずんだ顎関節内を正しい値にする運動を実践したり、顎関節の動きをより快適にする医学的なエクササイズをやってみましょう。


大人と同じく、子どもの口角炎もあらゆる素因が予測されます。なかでも目立つ理由は偏った食事と細菌の作用によるものに集まっています。
インフォームド・コンセントの採用は患者の病状を的確に知り、それに効果的な治療の手段に主体的に打ち込むようにしましょうという方針に起因するものです。
歯科による訪問診療の事例では、処置が完了した後も口腔ケアをしに定期的に何度か担当の歯科衛生士たちが訪問する事がけっこうあると言われます。
あなたもご存知の通り口内の唾液はいかにもすっぱそうなものや、美味しそうな食べ物を目の前にすると分泌されるのですが、以外なことに虫歯や歯ぐきの歯周病等を防ぐのに作用しているのが唾なのです。
専門的な話をすれば、虫歯は、虫歯の元凶の菌が歯を歯を溶かして冒す進行具合に、歯の再石灰化の作用(溶けてしまった歯を元通りに戻す動き)の速さが負けるとできます。


最初は歯周病の原因となる菌が歯の表面にこびり付き、それが一因で歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤く腫れたり、ハブラシで歯磨きすると出血したりする症状が見られるのが歯肉炎の特徴です。
通常の歯ブラシでのブラッシングを怠らずに行っていさえすれば、この3DSの効果でむし歯の原因菌の除菌された状況が、少なくとも4ヶ月~半年位持つようです。
このところホワイトニングを受ける人が増大していますが、そのときに採用された薬剤が一因となって歯が凍みる感じのする知覚過敏という症状を起こす事がありえます。
歯をいつまでも持続するためにはPMTCは大層大事なことであり、それが歯の処置後の状態をいつまでも維持できるかどうかに強く関わってくることも真実です。
長い期間歯を使用し続けていると、表面のエナメル質は徐々に減って薄くなるため、なかに存在している象牙質の持つ色味がちょっとずつ透けるようになってきます。

歯の持つカラーは実際のところピュアな白色であることはないことが多くて、人によって多少差はありますが、大多数の歯の色は、黄色っぽかったり茶色っぽい系統に感じます。
仕事や病気等で、疲労がたまって体力が著しく衰えたり、栄養のバランスの悪い食事が長らく続くことによって、健全ではない具合になったとしたら口内炎が出現しやすくなってしまいます。
節制生活を心に刻み、唾液からの復元作業に拍車をかけるという重要なポイントを見極めた上で、大切な虫歯予防を集中的に熟考する事が望まれます。
審美の観点でも仮歯は効果的なアイテムです。両方の目を繋ぐ線と前の歯の端が直線でないと、顔そのものが不均衡な感じになります。
唾液分泌の低下、歯周病はもちろんのこと、義歯を使用することで発生する口の臭いなど、加齢と口の臭いの関わりには、この上なく大量の理由が含まれるようです。

口の臭気を放置すると、周囲の人への迷惑はもちろんの事、当人の心理状態にも重大な弊害になる危惧があります。
審美歯科で行われる医療は、「困っているのはいかなるものか」「どういった笑みを得たいのか」を適切に話し合うために時間をとることよりスタートします。
虫歯の元は、ミュータンス菌として研究されている大元の菌の作用なのです。一度でも口内に虫歯菌が発生したら、それを完全に取り去るのは思ったよりも手を焼くことなのです。
びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防について残念なことに後進国と呼ばれており、欧米人よりも、実際は日本人の歯の寿命は縮まっています。元々歯の病気予防全般についての危機意識が異なるからだと想定されます。
もしさし歯の基礎が崩れてしまったら(歯根破折と言います)、もう二度と使えません。その九割方を占める場面では、抜歯治療しかないことになってしまいます。

歯に固着してしまう歯石は、プラークと違って硬い性質であるため、毎日の歯磨きで除去することが厳しくなるばかりか、環境の整った細菌に向いた住処となって、歯周病を誘い込みます。
PMTCを利用することで、毎日のハブラシの歯みがきでは落とし切ることのできない色の付着や、歯石とは異なる要らない物、ヤニなどを驚くほど消し去ります。
軽く噛むだけでズキズキと痛む入れ歯、合っていない入れ歯は、それが元で適切に噛み合わせることができずになんと丸ごと飲み込んでしまう事態が、増えてしまうとのことです。
外科処置を行う口腔外科というところは、むし歯、歯槽膿漏または義歯の処置だけでなく、他にも口腔内に現れてしまうありとあらゆる病状に即した診療科でしょう。
一般的に見れば医師の数が多ければ、時間をかけて患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、意外なことにそういう施設は流れ作業のような方式で、患者に治療を施す場所が存在すると聞いています。