歯肉炎

歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨および歯根膜)のうち、歯肉に炎症が生じている場合を歯肉炎といいます。歯肉炎は、プラーク(歯垢)によって発症するものがほとんどですが、ホルモンの変調によって、また、服用薬物の副作用によって起こるものもあります。
プラークがたまりやすい環境やプラークを取り除きにくい因子(歯石、大きなむし歯、古くなった詰め物や冠など)、病状を悪化させる全身的な因子(口呼吸、血液疾患など)などが、複雑に関係して炎症が進行します。
一般的に慢性に進行しますが、急性に起こることもあります(急性壊死性潰瘍性(歯肉炎)。

●プラークによる歯肉炎(しにくえん)

口のなかにすんでいる細菌(口腔常在菌)がつくるプラークが主な原因です。口腔常在菌は、皮膚や腸内にいる常在菌と同じように、健康な人の口中にも棲んでおり、通常は病原性を発揮しない状態でバランスがとられています。
しかし、歯みがきを怠ったり、砂糖がたくさん入った食べ物をたびたび摂取することによって、細菌が増殖しプラーク量が増えてそのバランスが崩れると、歯肉に炎症が起きます。プラーク中の細菌全体の病原性(非特異的な細菌)によって起こる感染と考えられています。
プラークは、歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯肉の縁にたまり、歯肉に炎症が起きます。こうなると歯と歯肉との間の溝は深くなり、ポケットができます(歯肉ポケットあるいは仮性ポケットともいう)。
しかし、細菌自体が歯肉中に侵入して炎症を起こすというより、細菌が作り出す酵素や毒素が直接歯肉に影響したり、これらの侵入を防ごうとする体の防御反応が自己破壊的に作用して、炎症が進行していくと考えられています。


■症状の現れ方
「なんとなく歯ぐきがムズムズする」「リンゴを噛んだり、歯みがきすると血が出る」などの症状が現れます(表3)。
鏡で歯ぐきを見ると、赤くなっている部分や腫れている個所があることに気づくでしょう。この部分を指で押すと、ぶよぶよしており、指に血がつくこともあります。しかし、一般にこれらの症状は軽度で、痛みを伴わないことが多いので、治療を受けずにそのままにしておく人が少なくありません。「インプラント治療は高くつく」とお考えのあなた。実はインプラントは定期的に調整をしていけば30年も持たすことだって可能なのです。結局は安くつくということがご理解いただけるのではないでしょうか?

■治療の方法
歯肉炎の段階で歯科医に行き、早い段階で適切な口腔衛生指導を受け、生活習慣の改善に努めることが大切です。重症化を予防ぐだけでなく、正常な状態に治ることも期待できます。

本来の噛みあわせは、しっかりと咀嚼する事により歯がすり減って、各々の顎や顎の骨の形状にふさわしい自分だけの噛みあわせが完成します。
いまや医療の技術が進歩し、針のない無針注射器や様々なデンタルレーザー治療器を使うことで、痛みを大分軽くすることのできる「無痛治療」という選択肢が開発されています。
甘い嗜好品を摂取しすぎたり、歯みがきを適当にすると、歯周病を引き起こす菌が増殖してしまい、プラークが繁殖してしまい、その結果歯肉炎を発症してしまうようです。
いまでは医療技術の開発が著しく改善し、驚くことに針の無い無針注射器や様々なレーザー治療器を使用する事で、かなり痛みを減らす事のできる「無痛治療」というカテゴリーが在ります。
ドライマウスに多く見られる状態は、口内がカラカラに乾く、ノドが乾くという事が約90%を占めます。ひどいケースだと痛みなどの不愉快な症状が現れてしまうこともあるとわかっています。


数が少ない口腔外科という所は歯槽膿漏や虫歯更には入歯の治療ばかりでなく、口腔内に現れる多種多様なトラブルに挑む診療科目の一つです。
口腔内の匂いの存在を同居の家族にさえ確かめられない人は大層多いとみられます。そういう場合こそ、口臭の外来へ行って口臭の専門施術を受けるのを推奨します。
歯をずっと存続させるにはPMTCは大層肝心であり、この処置が歯の施術後の状態を末永く保てるかどうかに強い影響を及ぼすのも実際の事です。口腔内の状態はもちろんのこと、口以外の場所の状態も盛り込んで、お世話になっている歯科医とよくご相談してから、インプラントの申込をスタートするようにしてください。
噛みあわせの不具合の中でもことさら前歯が何度も衝突するような状況だと、歯を噛みあわせる毎に強い圧力が上顎の骨の前部や鼻の骨にダイレクトに加わってしまいます。


面倒なプラークが溜まってしまわないよう、毎日歯石の予防をおこなうことがものすごく肝心です。歯垢の付きやすい場所はよくケアする事が特に重要になります。
歯科衛生士が在宅での医療で要求されているのは、一番には口腔内を掃除して清潔にすることです。患者の口の中が不潔な状態だと、細菌が繁殖している不衛生な歯のカスをそのまま飲み込む事になりかねません。
寝入っているときは唾液量が特に少量で不足するため歯を再び石灰化する機能が起こらないため、phが不安定な口中の中性のph状態をそのまま保つことが不可能になります。
プラークコントロールという言葉からは、歯ブラシでの歯みがきを思い描くことが大多数だという印象を受けますがほかにも色んなプラークコントロールの用途があると言われています。
唾液そのものは口内のお掃除役とも考えられる程に重要なものですが、その重要な唾液が減れば、口腔内のニオイが強くなってしまうのはしようがない事だといえます。

咬むと痛む入れ歯、しっくりきていない入れ歯は、そのことが理由できっちりと咀嚼できずに丸ごと嚥下してしまう症例が、増加してきてしまっているとのことです。
とある研究では、顎関節症かもしれないという自覚症状がない人でも、全体の約35%の人がご飯を食べたりする場合に、これに似た不快な音が発生するのを感じたようです。
嫌なプラークが溜まらないうちに、歯石の予防を日々行う事が、大層肝要です。歯垢のたまりやすいところは、きちんと歯磨きすることがことさら大事になってきます。
人間の歯牙の表層を覆う半透明のエナメル質の真下の部分より、口内酸性の度合いが弱くなりPH(ペーハー)の数値が5.5~5.7より小さくなると、リンやカルシウムなどが溶解してなくなってしまいます。
虫歯の真因である虫歯菌や歯周病菌を幼い子どもから遠ざけるためにも、嫁入り間近に予定している女性は歯の治癒は、きちっと果たしておく方が良いと言っても過言ではありません。

審美歯科が行う診察では、「悩みのタネははたしてどういったことか」「どういった笑顔を手に入れたいと思っているのか」をしっかりと相談をすることを前提にしてスタートされます。
近頃では医療の技術開発が一気に飛躍し、なんと針のない無針注射器シリジェットや痛みの少ない各種レーザー治療器を利用する事により、かなり痛みを抑えられる「無痛治療」という手段が在ります。
歯垢に関して、あなたはどれくらい把握しているでしょうか?テレビやCM等でしょっちゅう耳にするので、今まで耳にしたことがない言葉、などと言うことは滅多にないかと感じています。
デンタルホワイトニングの処置は、歯の表面のエナメル質の汚れなどをよく掃除した後で始めるのですが、それにはホームホワイトニングと歯科医が行うオフィスホワイトニングの2つの選択肢が選択できるようになっています。
歯の外側に歯垢がこびり付き、その部分に唾液の成分に含まれているカルシウムや他の数種類のミネラルが共に付着して歯石になるのですが、それらの責任はプラークそのものなのです。

インプラントというのは、違和感がなく、物を食べる時も健康な歯のように噛めます。また、他の治療方法に見比べると、顎の骨が徐々に細くなっていくという不安がありません。
キシリトールの成分にはムシ歯を止める性質があると言う研究結果の発表がなされ、それからというもの、日本はもちろんの事各国で積極的に研究への取り組みが行われました。
歯の表面を少しだけ削って白く見せる研磨剤が入ったハミガキ剤は、どちらかと言えば思わしくない作用ですが、歯が再び石灰化する事を促すというのは便利な力となります。
甘い食物を食べすぎてしまったり、歯ブラシでのブラッシングを手を抜いて行うと、歯周病を引き起こす菌が蔓延し、プラークが増殖してしまい、遂に歯肉炎が生じてしまうということです。
ムシ歯を引き起こすのは、ミュータンス菌という名前の付いた大元の菌の汚染です。口腔内にムシ歯菌が発生したら、それを完全に取り去るのは極めてハードルが高いのです。